1. 無料アクセス解析
燃焼系のひとりごと
関工体操部OB会、自転車チーム「YABAI」に所属する燃焼系のひとりごとです。 そこんとこ世露死苦!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロッキーザファイナル
燃焼系評価 86点

まさにファイナルにふさわしい映画です。
これは映画「ロッキー」ファンに捧げる映画でしょう。
前回の「ロッキー5」は一部でかなり不評だったようですが、今回は完全に満足できる作品だと思います。
今までのロッキーを観てない方々には、そうでもないかもしれませんが。
いずれにしても、ロッキーはやっぱり強かった。
そう思わせてくれます。
こんな事を書いている間にも、燃焼系の頭の中にテーマソングが流れてきます。
体がうずいて走り出したくなります。
おおおお!!
エイドリア~~~ン!!
影響されやすい燃焼系は、とりあえず毎日、生卵を10個飲むと誓ったのでした。
スポンサーサイト
バベル
燃焼系評価 68点

上映前ですが観ました。
菊地凛子アカデミー賞にノミネートされた事によって、かなり話題になっている映画です。
共演はブラッドピットですが、絡みはまったくありません。
一緒に映っているシーンはまったくないのです。
日本、モロッコ、メキシコというそれぞれの地で話が進みます。
燃焼系には、よく分からない映画でした。
観たものに考えさせる映画なのでしょうか??
観た後に「それで・・・・??」と思うことでしょう。
後はご想像におまかせしますって感じなのでしょうか??
わざわざ映画館で観る必要ない・・・・と思います。
たぶん、二度と観ません。
ディパーテッド
燃焼系評価 89点

少し前の話ですが、久々に映画館で映画を観ました。
主演はレオナルドディカプリオマットデイモンです。
アカデミー賞作品賞を受賞しましたね。
監督はマーティンスコセッシです。
彼は映画でローリングストーンズの曲をよく使います。
今回も「ギミーシェルター」「レットイットルーズ」なんか使っていますね。
さて、内容ですが、警察のスパイがマフィアに潜入して捜査、そしてマフィアのスパイが警察に潜入して捜査情報を漏らす、という話です。
映画を観ている間、ほどよい緊迫感に包まれました。
なかなかいい映画です。
ストーンズの曲の使い方も絶妙です。
マットデイモン君もいいです。
おしくも90点に達しなかったのは、またまたディカプリオ君のベッドシーンを見せられたからです。
この男は必ずと言っていいほどベッドシーンを撮影します。
「ファンは僕のベッドシーンを見たがっている」とか言っているようです。
うっとうしいのです。
この微妙ナイーブエキセントリックな気持ちが皆様に分かるでしょうか??
分っかるかな~~??
分かんねえだろうなあ。

Take The Lead
燃焼系評価 80点

ロンドンに向かう国際線で観ました。
映画でも観ないと時間がたたないのですよ。
アントニオバンデラス主演の映画です。
日本での公開は2007年のようですね。
つまり先行上映というやつです。
日本語字幕で観ました。
内容は、社交ダンスの先生であるアントニオバンデラスが落ちこぼれの少年少女に社交ダンスを通じて礼儀やマナーを教えるといった話です。
まあ、よくある内容ですよね。
ただし、アントニオのダンスは必見です。
素晴らしい。
他にも生徒達が踊る社交ダンスとヒップホップをアレンジしたダンスもおもしろいです。
先の読みやすい内容でしたが普通に楽しめました。
燃焼系もいつかはスクリーンでカミソリサイドステップを披露したいものです。
T内先生、聞いてますか??
いや、読んでますか??
そろそろ次のステップを教えてください。
ハリウッドが我々を待っていますよ。
ちょっと聞いているんですか??
いやいや読んでますか??
マジ本気っすよ!!
なんとか言え~~~~!!


20060908012359.jpg

Pirates of the Caribbean : Dead Man's Chest
燃焼系評価 78点

観てきました。
まあ、続編が期待されていた作品だけに皆さんもご覧になっていることだと思います。
まだ観られていない方はパンフレットを購入して予習なり復習なりされると良いかと思われます。
登場人物が増えているので「こいつは誰だっけ??」となるからです。
前作よりもコミカルな場面が多くなっていますが、これが少々、若干、イマイチ・・・・・・です。
内容に関しては来年公開される完結編を観てみないと何ともいえませんが、今回に関して言えば少々、若干、やや、消化不良・・・・・・というやつです。
とにかく次回作に期待しましょう。
なぜなら!!
次回作はローリングストーンズキースリチャーズジャックスパロウ父親役で出演するのです。
よく言われていることですが、ジョニーデップは役作りとしてキースを参考にしたそうです。
ジョニーには「海賊=ロックンロール」という図式があったそうですね。
ジョニーの熱烈なラヴコールでキースの出演は決定()しました。
キース自身は「酒や豪華な食事に釣られた」とか言っていますが、以前は「俺がディズニーと仕事なんかするわけねぇだろ!!」と言っていました。
とにかく、実際に上映されるまではどうなるか分かったもんじゃありません。
あの!!キースリチャーズですからねぇ・・・・・。
ちなみにジョニーキースにギターをプレゼントして、キースはその場で「Brown Sugar」を演奏してあげたんだとか。
すごいエピソードですね。
だったら燃焼系ミックジャガーカラオケセットでもプレゼントして大好きな「Jumping Jack Flash」でも歌ってもらいましょうか??
てか、どうやってプレゼントすんだよ!!
キースストーンズのメンバー全員に一緒に出演してほしかったそうですが、それは無理だったようですね。
全員が出演してたら、本当にすごいことになっていたでしょうね。
映画の内容なんて完全に「二の次」になっていたかと思います。
まあ、ここ日本では来年の事ばかり言っていると鬼を笑い殺すことになりますので、この辺で失礼いたします。
ではでは。
copyright © 2005 燃焼系のひとりごと all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。