1. 無料アクセス解析
燃焼系のひとりごと
関工体操部OB会、自転車チーム「YABAI」に所属する燃焼系のひとりごとです。 そこんとこ世露死苦!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バベル
燃焼系評価 68点

上映前ですが観ました。
菊地凛子アカデミー賞にノミネートされた事によって、かなり話題になっている映画です。
共演はブラッドピットですが、絡みはまったくありません。
一緒に映っているシーンはまったくないのです。
日本、モロッコ、メキシコというそれぞれの地で話が進みます。
燃焼系には、よく分からない映画でした。
観たものに考えさせる映画なのでしょうか??
観た後に「それで・・・・??」と思うことでしょう。
後はご想像におまかせしますって感じなのでしょうか??
わざわざ映画館で観る必要ない・・・・と思います。
たぶん、二度と観ません。
スポンサーサイト
ディパーテッド
燃焼系評価 89点

少し前の話ですが、久々に映画館で映画を観ました。
主演はレオナルドディカプリオマットデイモンです。
アカデミー賞作品賞を受賞しましたね。
監督はマーティンスコセッシです。
彼は映画でローリングストーンズの曲をよく使います。
今回も「ギミーシェルター」「レットイットルーズ」なんか使っていますね。
さて、内容ですが、警察のスパイがマフィアに潜入して捜査、そしてマフィアのスパイが警察に潜入して捜査情報を漏らす、という話です。
映画を観ている間、ほどよい緊迫感に包まれました。
なかなかいい映画です。
ストーンズの曲の使い方も絶妙です。
マットデイモン君もいいです。
おしくも90点に達しなかったのは、またまたディカプリオ君のベッドシーンを見せられたからです。
この男は必ずと言っていいほどベッドシーンを撮影します。
「ファンは僕のベッドシーンを見たがっている」とか言っているようです。
うっとうしいのです。
この微妙ナイーブエキセントリックな気持ちが皆様に分かるでしょうか??
分っかるかな~~??
分かんねえだろうなあ。

電車
あ~~あ~~~~果てしない~~~。
夢を追い~~続け~~~~~。

先日、新横浜で体操競技の審判講習会があり、そのついでに東京にも行きました。
東京は大都会です。
言うまでもありません。
東京名物の満員電車は相変わらず強烈でした。
電車内はサウナ状態です。
冬なのに汗をかきました。
だいたい暖房が強過ぎます。
普通に外を歩く格好をしているので、暖房など必要ないはずです。
まあ、それはおいといて・・・・・。
東京では電車で居眠りをしている人を多く見かけました。
まあ、それ自体は珍しいことではないのですが、とにかく色々な格好で寝ていました。
下を向いて寝る人。
上を向いて寝る人。
間違いなく首が痛くなるであろうという方向を向いて寝る人。
吊り革につかまりながら寝ている人までいました。
睡魔ってすごいです。
しかし、今回の旅で最も燃焼系の目を引いた人がいるのです。
その人は上を向いて寝ていました。
「上を向いて歩こう」という歌がありますが、この人は上を向いて寝ているので、を堪えているわけではありません。
注目したのは口です。
見事なほどにパックリと口を広げていました。
それはもう見事でした。
素敵でした。
穴があったら入りたいと云いますが、この口なら入ってみてもいいかな、などと思いました(意味違う?)。
とにかく、気になって気になって、この人から目が離せません。
と、同時に・・・・・・「あの口に何か入れてみたい」
という衝動が沸き起こりました。
おそらくLサイズの卵ぐらい簡単に飲み込んでしまうでしょう。
燃焼系はゴルフなどしませんが、この人の口にゴルフボールを置いて打ってみたくもなりました。
でも、ゴルフボールも飲み込んでしまうでしょう。
公園なら小鳥が巣を作り出すかもしれません。
そんな事を考えていたら少し幸せな気分になってきました。
ふふふ。
口元も緩んでまいりました。
そのときです。
隣に座ってた女性が急に立ち上がりました。
(おいおい。もう少し、そ~~っと立てよ。起きたらどうすんだよ。)
と、少しヤキモキしました。
再び観察を続ける燃焼系
燃焼系の心配をよそに、まだ同じ状態で眠っています。
そうです。
一番幸せなのは彼かもしれませんね。
などと考えていたら、今度は女子高生が彼の横にドカドカと強引に座り込みました。
(てめっ!!このっ!!起きるって言ってんだろが!!ゴルア!!)
久しぶりに殺意が沸き起こりました。
そうこうしていると、彼との別れの時間がやってきました。
目的地に到着したのです。
彼はまだ寝ています。
そう、彼は銀河鉄道に乗っているのです。
隣にはメーテルの代わりに女子高生が乗っていますが・・・・。
彼が一秒でも長く寝ていられるよう、お釈迦様に祈りながら電車を下りた燃焼系なのでした。


copyright © 2005 燃焼系のひとりごと all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。