FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
燃焼系のひとりごと
関工体操部OB会、自転車チーム「YABAI」に所属する燃焼系のひとりごとです。 そこんとこ世露死苦!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
玉手箱
先日のことです。
夜中の12時前にアパートのインターフォンが鳴りました。こんな時間に来るのは・・・。
ドアを開けると、そこには職場の後輩が突っ立っていました。
「やっぱり、おまえか。どうした??」
「燃焼系さん。・・・・・・・・、見ますか??」
「亀だと!?」
話を聞いてみると、勤務中に工場内の点検をしていたH先輩工場内を徘徊している亀を発見したとのこと。
どうしてくれようか、と様子を伺うH先輩。
亀はのんきに童謡の「もしもし亀よ・・・」の通りの動きをする。
その緩慢な動きに心打たれ、どこか安全な場所に移動させてやろうとなったわけである。
「つまり今から亀をどっかに連れていくのか??」
石井ダムに連れて行こうと思うんですよ。来ますか??」
燃焼系の心の中で何かが弾ける音がする。

な、なんて、・・・・・おもしろそうなんだ。

「よし!!俺も行くぞ。」
さっそく着替える燃焼系。いつしか忘れかけていた冒険心を取り戻したのです。
とりあえず亀と御対面。
結構、でかいな・・・・・・。
亀は手のひら2枚程度の大きさでした。
それから車に乗り込んでH先輩を迎えに行く。
「あれ??燃焼系まで、どうしたん??」
「ふっふっふ。オイラもついていきますよ。」
にわかに盛り上がる3人。そして石井ダムに到着。
手頃な溜め池があったので、そこに放してやることになった。
「僕等は浦島太郎ですね。竜宮城に連れていってくれるかもしれませんよ。」
「この亀じゃ3人は無理だろうね。」
湧き上がる3人の浦島太郎。そして燃焼系が・・・・
玉手箱もらったらどうします??」
静まり返る浦島太郎達。
そこでH先輩が一言・・・

ネットオークションに・・・・・・」

H先輩の浅ましさを知った燃焼系なのでした。
玉手箱、恐るべし・・・・・。


70894.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 燃焼系のひとりごと all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。