1. 無料アクセス解析
燃焼系のひとりごと
関工体操部OB会、自転車チーム「YABAI」に所属する燃焼系のひとりごとです。 そこんとこ世露死苦!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
報告
ええっと、実は8月20日から、ちょいと海外まで行ってきます。
どこに行くのかって??
グレートブリテン及び北アイルランド連合王国です。
わかりますか??
イングランドですよ。
といっても、ほとんどロンドンで過ごします。
何しに行くのかって??
Sightseeingですよ。
Sightseeing.
You know what I mean.
それとメインはなんとTHE ROLLING STONESのコンサートなのです。
あの感動を再び味わうのです。
いやあ、ワクワクします。
ドキドキします。
チケットは現地渡しなのでまだ手元にはありません。
これはこれでドキドキします(ちゃんと届いているのだろうか??)。
最近ではロンドン・ヒースロー空港でテロ未遂がありましたが、現在は警戒を緩めているようです。
ひとまず安心、と思ったら、今度はミックジャガーが喉を痛めたとか・・・・。
20日に予定されているロンドン公演は行える見通しだそうですが・・・・・・。
ちなみに燃焼系が観るのは22日のロンドン公演です。
すでに東京公演を観たからいいものの、これが初めてだとしたら気が気ではないですよね。
払い戻せばいいって問題ではないのです。
まだ問題はあります。
台風が近づいているそうじゃないですか??
飛行機が出発できなかったら・・・・。
一難去ってまた一難というやつです。
ま、いずれレポートというか旅行記として報告します。
いずれ・・・・・、ですが。
断っておきますが、土産話以外は持って帰りません。
そこんとこヨロシクお願いします。
ではでは最後に私が尊敬するスナフキンの言葉で締めくくりたいと思います。

「そうだな。なんでも自分のものにして、もって帰ろうとすると、難しいものなんだよ。僕は見るだけにしてるんだ。そして立ち去るときには、それを頭の中へしまっておくのさ。僕はそれで、鞄を持ち歩くより、ずっと楽しいね。」

 
          ,
         \/ ヽ    (  )
          _/* *`、    ( )
        <_____________フ    )
          从 ̄ ゝノ   ~    
           /゙゙゙lll`y─┛        
          ノ. ノノ |   「人の目なんか気にしないで
      .    `~rrrrー′       思うとおりに暮らして
      .      |_i|_(_         いればいいのさ。」
 _,,..-―'"⌒"~ ̄"~⌒゙゙"'''ョ
゙~,,,....-=-‐√"゙゙T"~ ̄Y"゙=ミ
T  |   l,_,,/\ ,,/l  |
,.-r '"l\,,j  /  |/  L,,,/
,,/|,/\,/ _,|\_,i_,,,/ /
_V\ ,,/\,|  ,,∧,,|_/

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
武勇伝を期待してます
なんと、渡英ですか!

ロンドン以外はどこへ?(空港からロンドンの移動だけか??)

俺は、海外へ行ったことがりません。パスポートも持ってないです。
土産話期待してます。
2006/08/18 (金) 01:52:15 | URL | やんにし #oruiMvJ6[ 編集]
ロンドン以外といっても少し離れたリッチモンドぐらいです。
中学生英語がどこまで通じるかチャレンジします。
台風どっかいけ~~!!
2006/08/18 (金) 11:29:58 | URL | 燃焼系 #-[ 編集]
グレートブリテン及び北アイルランド連合王国は、イングランドではなく、イギリスでは?
2006/08/21 (月) 17:31:52 | URL | にょろ #SFo5/nok[ 編集]
帰国しました。
とりあえず、無事に帰国しました。
報告はいずれ・・・・・・。

>グレートブリテン及び北アイルランド連合王国は、イングランドではなく、イギリスでは?

以下参照(Wikipedia)


「イギリス」
グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(グレートブリテン および きたアイルランドれんごうおうこく)、通称イギリスまたは英国(えいこく)は、西ヨーロッパの北海に位置する国。イングランド (England)、 ウェールズ(Wales)、スコットランド (Scotland)、 北アイルランド(Northern Ireland)四つの地域からなる非独立国の集まり。単に連合王国 (United Kingdom UK) ともいう。

正式名称は、The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland(英語: ザ・ユナイテッド・キングダム・オブ・グレート・ブリテン・アンド・ノーザン・アイルランド)。通称は、United Kingdom。略称は、UK。

日本語の表記は、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国。かつては、「グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国」と表記されることが多かったが(日本国との平和条約における日本語正文などを参照)、現在ではあまり見かけなくなった。通称は、イギリスや英国(えいこく)が一般的。他に連合王国やUKとも呼ばれる。漢字による当て字で、英吉利と表記され、英と略される。

幕末における江戸幕府との交渉の際には猊利太尼亜(ぶりたにあ)、諳尼利亜(あんぐりあ)と呼称されていた。その後イングランドを表すオランダ語のEngelsch(エンゲルス)またはポルトガル語のInglês(イングレス)が訛り、「エゲレス」または「イギリス」という読みと「英吉利」という当字が用いられるようになった。

この点を知らずにもしくは無視して「イギリス」「英国」という言葉を用いると、不必要な摩擦を惹起することもある。日本の外務省は一時期「連合王国」という名称を使っていたが一般には定着せず、代わって「英国」を主に使うようになってきている。また在日英国大使館は「英国」を用いている。

 「連合王国」の構成は少しややこしい。 「グレートブリテン」はイングランドのほかに、スコットランド、ウェールズを含み、 「ユナイテッド・キングダム」はこれにさらに北アイルランドが加わるのである。

なお、英語話者も"U.K."や"Great Britain"を指して"England"と呼ぶことが(特に口語で)よくあるが、「政治的に正しくない」として公式な場では控えられる傾向にある。連合王国全体を指して"Great Britain"と呼ぶことも、それの本来の意に含まれない北アイルランドのユニオニストから批判されることがあるが、連合王国政府は連合王国全体を指す語として"The United Kingdom"の代わりに"Great Britain"を使うことがある。またスコットランド人やウェールズ人には、民族的アイデンティティを無視した単語として"British"と呼ばれることを嫌う人もいる(もちろん彼らを"English"と呼ぶのはタブーである)。国全体、個々の地域、またそこに暮らす人々をどう呼ぶべきかという問題は、個々人の政治的価値観や歴史観を含むため複雑であり、個々人やマスコミによって様々な見解がある。BBCがスコットランド人やウェールズ人を"British"という単語で表さない原則を表明した直後、Timesは社説でBBCの決定を批判し、その後も"British"という単語をスコットランド人やウェールズ人に対して用いている。
2006/08/26 (土) 08:54:22 | URL | 燃焼系 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 燃焼系のひとりごと all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。